【重要】食事>運動【痩せる】

結論→①食事の写真をすべて撮影する ②その写真から一品、もしくは一口減らす 以上

快糖茶

※※以下解説です。結論から経緯が100%わかる方は、ここまで読んでいただければ十分です。※※

●は前置きです。

★は結論の解説です。

●古今東西、あらゆるダイエット方法が流行っては廃れ、流行っては廃れており、

皆さんはその流行りに右往左往させられているのではないでしょうか?

テレビで「バナナダイエットがトレンド!」と流れればバナナを買い占め、

「えごま油が脂肪燃焼に効く!」と聞けば何にでもかけて食べ、

「炭水化物を抜くんだ」と言われれば白飯を一切食べなくなり…

食事制限を常にかけられ、自分の食べたいものが食べられない生活を送る毎日だったのではないでしょうか?

そして「運動をしろ」「筋トレはこれが効果的」「ジョギングを習慣づけよう」などと、

日頃から体を動かすことを強要され、「こんなもの続けられるか!俺は部屋へ戻るぞ!」

と憤る日々を送っていたのではないでしょうか?

人間の体は食べたもので構成され、食べたものでしか構成されません。

そして全てのバランスが均衡でなければ、本来の体のパフォーマンスは発揮されません。

そんな中で大切な栄養素の1つを著しく減らして対応なんてしても、バランスが崩れて体調が悪くなるだけなのです。

全ての人が同じ方法で痩せられるという幻想は捨ててください。

詳細は省きますが、胃腸の動き方が全員違うので、たまたまバナナで痩せる人もいれば、ヨーグルトで痩せる人もいるのです。

★ならば全ての人が痩せる方法は?というのがこれです。

この方法はレコーディングダイエットを極限まで簡素化したものです。

全ての食事を記録することで、食事のバランスを意識するようになります。(色、内容、レイアウト、量感など)

そして毎回そこから一品取り除き、間食や次の食事の一品とする。もしくは白飯であれば、一口分炊飯器に戻す。

もちろんおやつや間食もすべて記録します。

まずはこの習慣を作らねば、どの「〇〇ダイエット」を行っても効果が存分に発揮されません。

一日の総カロリー摂取量をいかにコンスタントに減らせるか、ここにダイエットの根っこがあります。

そしてそれを行うのにストレスを感じてはいけないのです。