野菜たっぷり食べても太らないダイエット

ダイエットをしようと決意しても壁になるのが抑えられない食欲、そして誘惑です。摂取カロリーより消費カロリーが高ければ太るのも当然ですが食べないダイエットは長続きせず、結果としてリバウンドに繋がります。

プレミアムスリムスキニーレギンスのレビュー!

痩せても継続できなければ意味がありません。エステや健康食品も時には必要ですが、一生エステに通うことができる人はあまりいないでしょう。元来、ダイエットは食事制限ではなく食事療法の意味で用いられるので疾患により塩分、タンパク質、糖分などの制限があっても充実した食事は工夫すれば出来ます。

今後の人生のために、薬や一時的に効果に頼らない食事生活を身につければ一生の財産になります。野菜といってもサラダはあまり好きではないので、目指すのは小学校の給食や一汁三菜の食事、体を温める作用のある食事です。私は食事にひたすら野菜を取りました。味を変え毎日野菜スープを汁物として出したりレンジでできる簡単な野菜レシピを増やしたり大根おろし、納豆などの発酵食品を食べたりしました。

野菜は温めた方がたくさんの量を食べられビタミン豊富なためお肌も良くなります。味付けに梅酢やワインビネガーで味付け飽きない工夫をすることでどんどんレシピを増やしていきました。一食のうちご飯、メインのおかずを除き野菜、きのこ、豆腐など常備菜を作り結果としてレシピは増え、料理の腕も上がり、何より自炊をするため外食回数かコンビニ回数が減り節約につながりました。

はじめは慣れず大変ですがまずは一品から野菜レシピを作り維持できるスタイルを作っていきましょう。