腸活には乳酸菌ですが色々な効能があります

あなたは、乳酸菌をどのように摂っていますでしょうか。
私は、スーパーマーケットやコンビニエンスストアの食べ切りサイズのヨーグルトで乳酸菌を摂取しています。
食べ切りサイズのヨーグルトにも、乳酸菌が含まれていますが、食べ切りサイズヨーグルトは輸送時等でヨーグルトがこぼれないように固形剤を使って固めており、乳酸菌を摂る観点では、少し効力が落ちるようです。

PLUEST(プルエスト)の効き目!

この数か月、私はカスピ海ヨーグルトで多くの乳酸菌をとるようにしています。
腸活として、一番重要なのはお腹の調子を整えることです。
腸は小腸と大腸を中心に胃から消化されたものを、その中でも水分や栄養分を吸収して、その後体外に排出されます。
腸活をしていれば、腸でできる消化能力を強くし、消化能力を上げるという利点があります。

また、乳酸菌には睡眠効果が得られることがあります。
睡眠効果といっても、睡眠導入剤ほどの効果はありませんが、寝つきがよくなることやレム睡眠ができるようになります。
この十年で、プロビオヨーグルトが登場しており、食べ切りサイズほどの固さはありませんが、通常の乳酸菌と比べて、身体の抵抗力を上げるものもあり、飲食することによって、腸活の効果を上げるものもあります。

これらの乳酸菌では、ヨーグルトメーカーを使って培養して、カスピ海ヨーグルトならば、だいたい6回、R-1では5回まで使うことができます。
あくまでもヨーグルトメーカーは、温度を一定に保つことができますが、夏の暑い時や冬の寒い時にヨーグルトの培養に合った温度を保つことができます。
もし、培養途中でスイッチが切れても、再びスイッチを入れなければいけない機械があるので、注意してください。
この数年で、ヨーグルトメーカーがはやっており、現在の新型コロナウイルスの影響で、おうち時間ができたことから売り上げを伸ばしています。

私はこのおうち時間を利用して、ヨーグルト作りをしています。
なかなかヨーグルトの種菌は決まりませんでしたが、私が通っているリハビリ施設の利用者さんから「種菌はカスピ海ヨーグルトのものならあるよ。」とアドバイスを受けて8月の終わりからカスピ海ヨーグルトを作って食べては、日頃の腸活に役立てています。
腸活は、腸だけでなく身体の調子がよくなるので、腸活を続けていくと健康になれるのでおすすめです。